気をつけたい口臭対策について

人と近づいたり、話したりする時には、口臭に注意を放っておく必要があるでしょう。
口臭が発生していますと、非常に自分自身のイメージを低下させてしまうことに繋がってしまいますし、他人にも悪い印象や思いを与えてしまいます。
口臭をケアするにあたっては、差し歯を使っていたり、部分用の入れ歯などを使用している場合には特に注意が必要です。
また、虫歯などによって歯に詰め物を家れている場合にも、そこにニオイがこもりやすくなってしまいます。
詰め物などからニオイが発生している場合には、なかなか自力での歯磨きでは口臭を解消できないことが多いです。
そのような場合には歯科に行って清掃してもらったり、相談してみることがおすすめです。

カテゴリー: ダイエットコメント(0)

歯周病対策の基本は歯ブラシ!

歯のクリーニングに行った時にせっかくだからと、気が向いてやってもらった歯周病検査だったのにびっくりな結果が出てしまいました。なんと3本の歯が重度の歯周病、2本が中程度の歯周病だと言われてしまいました。
そこで次の日から自分でできる最大の治療である歯ブラシ大作戦を決行!
用意するものは普通の歯ブラシ・細い歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスの4つ。
まずは歯間ブラシで歯の間の汚れを取り次に普通の大きさの歯ブラシでブラッシング。細かい汚れは5ミリ幅の細い歯ブラシで丁寧に磨いて、仕上げはデンタルフロスという順番です。
食べたらすぐに磨くを基本に、朝昼晩キッチリやります。おやつを食べたらそのときも必ず。ちなみにデンタルフロスは夜1回でも大丈夫です。
それを3ヶ月続けたら歯周病が劇的によくなりました!
ハイテクを利用した治療もいいけれど、結局一番大切なのはやっぱり歯ブラシにかなうものはありません!

カテゴリー: ダイエットコメント(0)

虫歯にならない為のアドバイス

虫歯になってしまうと、歯医者さんに通うのは正直めんどくさいです。お金も以外とかかるしとにかく面倒です。                         そうならない為には、虫歯予防や歯周病対策が必要になります。
虫歯予防の為にやっていることは、まず歯ブラシの硬さはふつうを使っています。
理由は硬いと歯茎に負担がかかるし、柔らかいと歯垢がうまく取れないような気がするのでふつうを選んでいます。
そして磨き方は、歯ブラシの毛先を斜めにして歯と歯茎の境のところを徹底的に磨きます。
要するに歯周ポケットと言われているところです。ここから虫歯になりやすいので要注意です。
そして食後はすぐに歯磨きをしています。とにかく虫歯にならないようにするには、口の中を常に清潔にしておくことだと思います。

カテゴリー: ダイエットコメント(0)

私の口臭対策

ここ最近は臭いに対するエチケットが重要になってきているようです。
特に口臭は自分では気が付かないですが、他人に対してはかなり不快な思いをさせることでぜひとも対策をしなければなりません。
口臭の原因は口の中のトラブルか胃の不調などが考えられますが、特に多いのが口の中のトラブルであります。その中でもやはり虫歯と歯周病が口臭の原因の大きなものでありますから、根本的には士会などで歯周病の治療をすることが重要です。
私自身も口臭が出ないように特に虫歯などのトラブルが自分では感じられなくとも半年に一度くらいの歯科検診は欠かさないようにしています。毎日の歯磨きも時間をかけますがやはりプロの検診とメンテナンスには勝てません。

カテゴリー: ダイエットコメント(0)

私のマウスウォッシュの使い方。

私は、よくマウスウォッシュを使っているのですが、口の中だけではなく気分もスッキリするので大好きです。
特に、朝起きた直後の口臭が気になるので、すぐにマウスウォッシュでうがいをすます。寝ている時は、口内の細菌が繁殖しやすい状態になってしまうので、朝起きた時の口臭が発生してしまうんだそうです。
マウスウォッシュは、うがいをするだけなので手軽に使えますし、ブラッシングと併用することで虫歯になりにくくなるんだそうです。
私は、親知らずの生えていて磨きにくい奥歯が気になりますので、そこでマウスウォッシュを使ってブラッシングが足りていないところを補ってもらっています。
仕事中の、ちょっとした息抜きにもマウスウォッシュは最適なので、携帯用のマウスウォッシュをいつも持ち歩くようにしていますね。

カテゴリー: ダイエットコメント(0)

美味しいご飯のあとの口臭の消し方